強迫性障害
ライン

強迫観念、または強迫行為のどちらかが見られることが診断基準とされています。

(*強迫観念とは、
@ある考え、衝動、イメージが繰り返し浮かぶ。自分でも理屈に合わないとわかっており、やめたいが、 どうしても浮かんできてしまう。強い不安や苦痛を引き起こすときもある。

Aその考え、衝動、イメージは単に現実の生活について過剰な心配ではない。

B自分でもその考え、衝動、イメージは自分自身の心の産物にすぎないとわかっている。

*強迫行為とは、
@同じ行為を繰り返す。(例えば手を洗いまくるなど。もしくは心の中で何度も何度も同じイメージを想像する。数を数えまくる。)
本人は決して望んでやっているわけではなく、強迫観念に忠実に反応しなければならないというルールに強く囚われている。

*心療内科や精神科での薬物療法・心理療法が必要となります。
Essey & petit memo
ヒプノセラピー(催眠療法
<日常の悩み>
>ストレスについて
>嫌いな人がいる
>大事な人が悩むとき
<もっと自分を知りたいあなたへ>
>潜在的な自分を発見する(ジョハリの窓)
>本当の自分がわかる(20答法)
>あなたの中の5人の家族(エゴグラム)
<ココロの病気>
>うつ病
>うつ病の症状
>うつの主な原因
>うつになりやすい時・なりやすいタイプ
>うつ病かも?と思ったら?
>不安障害
>パニック障害
>強迫性障害
about site
Site Master -尾崎 かおる
Since - 05'10.01
Check - IE5.0
This site is written by Japanese.
Copyright © 2005 かおる all right reserved.