ジョハリの窓
ライン

― 潜在的な自己を発見する方法 ―

自分のことを分かっている人は果たしてどれだけ居るでしょうか?
分かっているようでも、実はあまりよく分からないのが自分なのです。ふとしたきっかけで周りの人に指摘されてハッと気が付く自分の癖や欠点もありますよね。

ジョハリの窓というのは、アメリカの心理学者ジョリーとハリーによって考案された自己を発見するためのツールです。

まず、自分のココロの窓を覗いて見て下さい。その窓には4つの仕切りがあります。


A 自分も他人も知っていあなた B 自分の知らない他人が知っているあなた
C 自分は知っているが他人は知らないあなた D 自分も他人も知らないあなた

Aの領域は、自分だけでなく、他人とも共有している解放された自己の特質です。つまり、周りの人たちも、「あの人はこんな人」と認識している性格です。
この領域が広がれば広がるほど、自分自身が知らなかった盲点が減って来るということになります。
そのために、自分自身を隠さずに解放して積極的に出して行きたい&生きたいですね。

BやCの領域が小さくなれば小さくなるほど、未知の領域であるDの部分に脚光が当たるようになります。そうすると、どういうことが起こるか?というと自分では気が付かなかった潜在的な自分が発見できるようになりま
あなたの中には、まだまだ秘められた力が眠っているのかも知れません。

私たちは、周囲の人々との交流を通じて、努めて自己の領域を開放して行くことで、自分自身もより深く「自分」が理解できるようになるというわけです。

まさに他人は自分を映す鏡と言えるでしょう。

自分をオープンにして行く。知らなかった自分に出会う。これは、カウンセリングというものの醍醐味の一つでもあります。

■カウンセリング予約お申し込み:こちらのフォームに必要事項を入力の上ご送信下さい
Essey & petit memo
ヒプノセラピー(催眠療法
<日常の悩み>
>ストレスについて
>嫌いな人がいる
>大事な人が悩むとき
<もっと自分を知りたいあなたへ>
>潜在的な自分を発見する(ジョハリの窓)
>本当の自分がわかる(20答法)
>あなたの中の5人の家族(エゴグラム)
<ココロの病気>
>うつ病
>うつ病の症状
>うつの主な原因
>うつになりやすい時・なりやすいタイプ
>うつ病かも?と思ったら?
>不安障害
>パニック障害
>強迫性障害
about site
Site Master -尾崎 かおる
Since - 05'10.01
Check - IE5.0
This site is written by Japanese.
Copyright © 2005 かおる all right reserved.