不安障害
ライン
神経症は不安が症状の中心になります。
人間ならば誰しも不安に囚われる瞬間というものはあるのですが、ここでは、生活に支障を来たすほど度合が大きいものを不安障害と呼びます。

不安障害には、身体の症状と心の症状がありまして、精神症状としては、恐れ、緊張、心配、恐怖、不穏、焦燥、苦悶、興奮があり、身体症状としては、手指振戦、発汗、頻脈、嘔気、嘔吐、下痢、尿意、呼吸困難などがあります。

この不安障害をその症状や特徴別に分類して見ると、
全般性不安障害  根拠のない強い不安感に絶えず苦しめられる。

パニック障害  激しい不安のために発作が起きる。
恐怖症  ある特定の対象を異常に怖がる。

強迫性障害  心の底の不安や葛藤が、強迫行動や強迫観念にすりかわってしまう。

罹患した方々全員に通用する原因としてはハッキリ分かっていないのが現状ですが、生物学的要因としてはセロトニン系の調節の異常、心理社会的要因としては、無意識の中に解決されていない葛藤があったりストレスが引き金になったりしているとも言われています。
Essey & petit memo
ヒプノセラピー(催眠療法
<日常の悩み>
>ストレスについて
>嫌いな人がいる
>大事な人が悩むとき
<もっと自分を知りたいあなたへ>
>潜在的な自分を発見する(ジョハリの窓)
>本当の自分がわかる(20答法)
>あなたの中の5人の家族(エゴグラム)
<ココロの病気>
>うつ病
>うつ病の症状
>うつの主な原因
>うつになりやすい時・なりやすいタイプ
>うつ病かも?と思ったら?
>不安障害
>パニック障害
>強迫性障害
about site
Site Master -尾崎 かおる
Since - 05'10.01
Check - IE5.0
This site is written by Japanese.
Copyright © 2005 かおる all right reserved.